見直すところは見直して

残すところは残して

物であったり、事であったり

少しずつですが良くなればと

    

急で踏みしろが狭かったメインの入り口、一段一段の段差を低くし踏みしろも広げ昇降をしやすく

スキーに来るお客さんが多い宿なので、ここは最優先!と思っていたところ

これでスキーブーツでも昇り降りしやすくなったかな

手すりもしっかりあります

    

食堂入り口は車椅子もオッケー!足の不自由な人でも入りやすく

チェアスキーヤーとの出会いから、ラウルスに来て欲しいとの思いと

ラウルスに暮らす創業者の静江さん(80歳)の足も弱くなっているので、ここはスロープ

 

今後は中もバリアフリー化を進めていきます

来るたびに何かが変化している、そんな楽しみもある宿になれば!